メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  リウマチ・膠原病 »  JAK、バイオでがん・CVDリスク上昇せず

欧州リウマチ学会(EULAR 2023)

JAK、バイオでがん・CVDリスク上昇せず

韓国・関節リウマチ患者約20万例のデータを分析

2023年06月20日 16:22

259名の医師が参考になったと回答 

 欧州リウマチ学会(EULAR)が発表した最新のレコメンデーションでは、関節リウマチ(RA)治療において、メトトレキサート(MTX)および従来型合成抗リウマチ薬(csDMARD)を用いても疾患活動性の低下や寛解が達成できない場合に、JAK阻害薬や生物学的製剤(bDMARD)が推奨されている(Ann Rheum Dis 2023; 82: 3-18)。他方で、こうしたRAの薬物治療では有害事象の発生率が上昇する点も懸念されている。 韓国・Yonsei University College of MedicineのSung Soo Ahn氏らはRA患者約20万例のデータを用いて、がんおよび心血管疾患(CVD)の発生リスクをcsDMARDとJAK阻害薬/bDMARDで比較しEULAR 2023(5月31日~6月3日)で結果を発表。「がんおよびCVDの発生リスクはcsDMARDに比べ、JAK阻害薬、bDMARDで低かった」と報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  リウマチ・膠原病 »  JAK、バイオでがん・CVDリスク上昇せず