メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  前立腺がんの検出精度、遺伝要因考慮で向上

前立腺がんの検出精度、遺伝要因考慮で向上

PSAスクリーニング検査

2023年06月28日 15:53

220名の医師が参考になったと回答 

 前立腺特異抗原(PSA)検査による前立腺がんのスクリーニングは、がんの過剰診断・治療への懸念が指摘されている。米・University of California, San FranciscoのLinda Kachuri氏らは、がんと関連しないPSA値の変化を引き起こす遺伝的要因を考慮することで、PSAクリーニングの精度が向上する可能性について検討。ゲノムワイド関連解析(GWAS)で同定した多遺伝子スコア(PGSPSA)を開発。個人のPSAの遺伝的要因を調整してスクリーニングに用いたところ、進行性前立腺がんの検出精度が向上したとNat Med2023; 29: 1412-1423)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  前立腺がんの検出精度、遺伝要因考慮で向上