メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  多発性硬化症、リツキシマブで再発リスク増

多発性硬化症、リツキシマブで再発リスク増

ocrelizumabとの比較

2023年06月28日 16:05

255名の医師が参考になったと回答 

 オーストラリア・Royal Melbourne Hospital/University of MelbourneのIzanne Roos氏らは、傾向スコアマッチングによりランダム化比較試験(RCT)を模倣した手法で、多発性硬化症(MS)患者登録データを用いて再発寛解型MS(RRMS)に対する抗CD20抗体リツキシマブとocrelizumabの有効性を検討。その結果、障害増悪リスクには両薬で差がなかったものの、ocrelizumab群と比べリツキシマブ群では再発リスクが高く、ocrelizumabに対する非劣性は示されなかったとJAMA Neurol2023年6月12日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]12月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

都道府県魅力度ランキング、どう思う?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  多発性硬化症、リツキシマブで再発リスク増