メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  フェンフルラミン、レノックス・ガストー症候群で適応追加申請

フェンフルラミン、レノックス・ガストー症候群で適応追加申請

日本新薬

2023年06月28日 14:11

58名の医師が参考になったと回答 

 ユーシービー(UCB)ジャパンは6月27日、抗てんかん薬フェンフルラミン(商品名フィンテプラ)について、レノックス・ガストー症候群に伴うてんかん発作の適応追加に関する承認申請を行ったと発表した。レノックス・ガストー症候群に対する希少疾病用医薬品の指定を受けており、優先審査の対象となる(関連記事「日本新薬、難治性てんかんへのfenfluramineを承認申請」)。

 レノックス・ガストー症候群は、幼児期から小児期に発症する難治性てんかん。日本の推定患者数は約 4,300人で、厚生労働省から指定難病に認定されている。

 同薬は昨年(2022年)11月に、2歳以上のドラベ症候群に伴うてんかん発作の治療薬として日本新薬から販売された。同社は同薬に関して19年3月にZogenix社(現UCB)と日本国内における独占的販売契約を締結し、承認取得後は同契約に基づき、日本新薬が情報提供活動および販売を行っている。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  フェンフルラミン、レノックス・ガストー症候群で適応追加申請