メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  乾癬に合併する間質性肺炎の特徴は?

第63回日本呼吸器学会

乾癬に合併する間質性肺炎の特徴は?

2023年06月29日 17:17

291名の医師が参考になったと回答 

 乾癬は全身の皮膚の境界明瞭な紅斑、厚い銀白色の鱗屑を特徴とする慢性炎症性皮膚疾患であるが、炎症は皮膚にとどまらず、全身の臓器や組織に及ぶ全身性炎症性疾患でもある。関節炎、心血管疾患、抑うつの他、まれに間質性肺疾患を合併する。乾癬の病態形成には炎症性サイトカインであるインターロイキン(IL)-17が深く関与していると考えられており、抗IL-17抗体が治療薬として用いられている。東京慈恵会医科大学呼吸器内科教授の原弘道氏は、乾癬に合併する間質性肺炎に着目。合併頻度や病態、抗IL-17抗体による効果を検討し、結果を第63回日本呼吸器学会(4月28~30日)で発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  乾癬に合併する間質性肺炎の特徴は?