メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  瘢痕性脱毛症に抗マラリア薬が有効

瘢痕性脱毛症に抗マラリア薬が有効

ヒドロキシクロロキン服用95例の後ろ向き解析

2023年06月30日 14:31

263名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 ポーランド・SPSKMのMartyna A. Zbiciak-Nylec氏らは、瘢痕性脱毛症に分類される毛孔性扁平苔癬(lichen planopilaris;LPP)および前頭部線維化性脱毛症(frontal fibrosing alopecia;FFA)の女性患者95例の後ろ向き解析を行い、抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンの有効性を検討。その結果、ヒドロキシクロロキン投与はLPP/FFAの症状軽減と進行抑制に有効で、特に長期(12カ月)投与で有益性が高かったとAdv Dermatol Allergol2021; 38: 302-309)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  瘢痕性脱毛症に抗マラリア薬が有効