メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  腎・泌尿器 »  尿路上皮がんへのICI維持療法、実態は

尿路上皮がんへのICI維持療法、実態は

アベルマブ vs. ぺムブロリズマブ

2023年07月04日 05:00

170名の医師が参考になったと回答 

 転移性尿路上皮がんに対する免疫チェックポイント阻害薬(ICI)として、2017年には抗PD-1抗体のペムブロリズマブが、2021年には一次化学療法後の維持療法としての抗PD-L1抗体のアベルマブが承認され、既存治療で奏効しなかった患者への選択肢が広がっている。札幌医科大学泌尿器科学講座の進藤哲哉氏は、維持療法におけるアベルマブと二次療法としてのぺムブロリズマブの有効性を比較する後ろ向きコホート研究を実施。結果を第110回日本泌尿器科学会(4月20~23日)で発表した(関連記事「尿路上皮がん治療はICI維持療法で変わるか」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  腎・泌尿器 »  尿路上皮がんへのICI維持療法、実態は