メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  新規薬剤による薬疹、その実像は?

第122回日本皮膚科学会

新規薬剤による薬疹、その実像は?

2023年07月07日 14:09

275名の医師が参考になったと回答 

 医学・創薬の進歩により、従来の免疫学では単純に理解し切れない薬疹が見られるようになった。山梨大学皮膚科学講座講師の小川陽一氏は第122回日本皮膚科学会(6月1~4日)で、①免疫チェックポイント阻害薬(ICI)、②抗体薬物複合体エンホルツマブ ベドチン、③アンドロゲン受容体拮抗薬アパルタミド-により惹起される皮膚障害の特徴について、最近の知見を提示しながら解説。これまでアレルギー性反応と捉えられてきた薬疹の中に、非アレルギー性機序によるものが現れてきていることを指摘した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  新規薬剤による薬疹、その実像は?