メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  「抜歯時休薬は不要」顎骨壊死問題に新指針

「抜歯時休薬は不要」顎骨壊死問題に新指針

6学会合同委員会がポジションペーパー2023を公開

2023年07月13日 17:17

324名の医師が参考になったと回答 

 日本口腔外科学会など関連6学会合同の顎骨壊死検討委員会は7月5日、『薬剤関連顎骨壊死の病態と管理:顎骨壊死検討委員会ポジションペーパー2023』(PP2023)を公表した。2016年以来、7年ぶりの改訂となる。PP2023では、抜歯など歯科口腔外科手術の際に、顎骨壊死を引き起こすこともあるビスホスホネート(BP)製剤や抗RANKL抗体デノスマブ(Dmab)を投与中の患者が予防的休薬をすべきか否かについて、最新のエビデンスを踏まえ、「原則として、抜歯時に休薬しないことを提案する」と明記した。薬剤関連顎骨壊死(MRONJ)の予防に際しての医科歯科連携に不可欠な処方医からの情報、歯科医からの情報を示すなど連携の実例についても提示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  「抜歯時休薬は不要」顎骨壊死問題に新指針