メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  学会レポート »  経臀裂エコーで腸内便を可視化

経臀裂エコーで腸内便を可視化

透析患者排便サポートチームの実践②

2023年07月14日 09:46

257名の医師が参考になったと回答 

 東葛クリニック病院(千葉県)排便サポートチームは、普及版のラップトップ型エコーで直腸の貯留便を可視化する経臀裂法を採用し、便の性状や位置の把握に基づく合理的な便秘対策を行っている。この新たなアプローチの詳細を、開発者である同院臨床検査技師の佐野由美氏が第68回日本透析医学会(6月15~18日)で発表した。そのポイントを紹介する。(関連記事「エコー活用、排便サポートチームで便秘に挑む!」「便秘症治療アルゴリズム作成の試み」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  学会レポート »  経臀裂エコーで腸内便を可視化