メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  悪液質あると心不全患者の死亡リスク1.5倍

悪液質あると心不全患者の死亡リスク1.5倍

FRAGILE-HFコホート研究の二次解析

2023年07月20日 18:03

275名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 北里大学循環器内科の前川恵美氏らは、心不全患者のフレイルに関する多施設共同研究FRAGILE-HF(Eur J Hert Fail 2020; 22: 2112-2119)のデータを用いた二次解析として、悪液質が高齢心不全患者の予後に与える影響を検討。「Evans基準により悪液質を評価した結果、ベースラインで悪液質を有していた心不全患者では死亡リスクが1.5倍近くに上ることが明らかになった」とJ Cachexia Sarcopenia Muscle(2023年7月11日号)に報告している。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

普段、どんな時に運動を心がけていますか?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  悪液質あると心不全患者の死亡リスク1.5倍