メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  耳鼻咽喉 »  急性副鼻腔炎の抗菌薬、3割の児で無効なわけ

急性副鼻腔炎の抗菌薬、3割の児で無効なわけ

2023年07月28日 15:02

299名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・University of Pittsburgh School of MedicineのNader Shaikh氏らは、小児の急性副鼻腔炎に対する抗菌薬治療において、上咽頭からの細菌検出の有無や鼻汁の色によって有効性が異なるか否かを検討するランダム化比較試験(RCT)を実施。その結果、3割の患児で抗菌薬の有効性が低かったとし、その理由が明らかになったとJAMA2023; 330: 349-358)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  耳鼻咽喉 »  急性副鼻腔炎の抗菌薬、3割の児で無効なわけ