メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬が米でブレイクスルーセラピー指定を受理

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬が米でブレイクスルーセラピー指定を受理

2023年07月31日 13:31

41名の医師が参考になったと回答 

 日本新薬は7月28日、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)を対象に開発中の薬剤NS-089/NCNP-02(brogidirsen)について、米食品医薬品局(FDA)からブレイクスルーセラピー指定を受理したと発表した。ブレイクスルーセラピー指定は、重篤または生命を脅かす疾患の治療に対する薬剤の開発と審査の迅速化を目的としたFDAの制度。臨床的に重要な評価項目で、既存の治療法と比べ有意な改善を示す予備的臨床エビデンスが得られた薬剤がその対象となる。

 同薬の投与対象となるDMDは、筋肉細胞を支えるジストロフィン蛋白質の欠損が原因で骨格筋、心筋、呼吸器の筋力低下を来す進行性の筋ジストロフィー。DMDにはさまざまな遺伝子変異型があるが、今回はエクソン44スキッピングにより治療可能な遺伝子変異が確認されたDMD患者が対象となる。

 今回のブレイクスルーセラピー指定は、日本で実施された医師主導治験の結果に基づくもの。日本国内では現在、第Ⅱ相試験が準備中だという。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬が米でブレイクスルーセラピー指定を受理