メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  年2回投与のHIV-1感染症治療薬レナカパビルが承認

年2回投与のHIV-1感染症治療薬レナカパビルが承認

ギリアド・サイエンシズ

2023年08月02日 09:33

59名の医師が参考になったと回答 

 ギリアド・サイエンシズは8月1日、HIVカプシド阻害薬レナカパビル(商品名シュンレンカ)が、多剤耐性HIV-1感染症治療薬として製造販売承認を取得したと発表した。

 現在の治療法では十分にウイルス抑制ができない成人HIV陽性者に対し、HIV-1カプシド機能を阻害するファーストインクラスの薬剤として、最適なバックグラウンドレジメンと併用して年2回投与する新たな治療選択肢となる(関連記事:「年2回投与の抗HIV薬lenacapavir、FDAが承認」)。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  年2回投与のHIV-1感染症治療薬レナカパビルが承認