メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  アルミノックス治療、国内第Ⅰ相試験を開始

アルミノックス治療、国内第Ⅰ相試験を開始

楽天メディカル

2023年08月03日 16:05

83名の医師が参考になったと回答 

 楽天メディカルは、同社が創薬した抗CD25抗体-色素複合体RM-1995と、波長690nmのレーザ光照射機器を用いたアルミノックス治療(光免疫療法)について、「肝転移を有する進行または再発固形がん」に対する第Ⅰ相臨床試験を国内で開始したと発表した。

 同試験の対象は、レーザ光照射が可能な肝転移病変を1つ以上有し、適用となる標準治療がない進行または再発固形がん患者。RM-1995を用いたアルミノックス治療の単独療法(第Ia相試験および第Ib相試験)およびペムブロリズマブとの併用療法(第Ic相試験)における安全性と忍容性を評価し、最大耐量または最大投与量と第Ⅱ相臨床試験で用いる推奨用量を決定する。また、肝転移に対する照射機器の安全性評価も行う。

 肝臓はさまざまながんの転移臓器で、転移巣は予後不良とされている。さらに、切除困難または切除不適応な肝転移に対する局所療法および全身療法は限定的であり、アンメット・メディカル・ニーズが高いと考えられている。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  アルミノックス治療、国内第Ⅰ相試験を開始