メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  EGFR阻害薬zipalertinib、グローバル第Ⅲ相試験へ

EGFR阻害薬zipalertinib、グローバル第Ⅲ相試験へ

2023年08月08日 14:42

69名の医師が参考になったと回答 

 大鵬薬品と米国の大鵬オンコロジーおよびCullinan Oncologyは8月7日、EGFR エクソン20挿入変異陽性の局所進行または転移性非小細胞肺がんの一次治療を対象とした、第Ⅲ相REZILIENT3試験を開始したと発表した。3社が開発するEGFR阻害薬zipalertinibと化学療法の併用療法における、有効性を評価する。

 zipalertinibは、エクソン20挿入変異を有するEGFR変異体を阻害する作用を持つ。昨年(2022年)、米食品医薬局(FDA)からブレークスルーセラピー指定を受けていた。

 なお、世界では非小細胞肺がんのうち、エクソン20挿入変異は最大4%に発現し、EGFR変異型の中で3番目に高い発現頻度とされる。東アジア人では、非小細胞がんにおけるEGFR変異が約40%に発現し、そのうちEGFRエクソン20挿入変異は5.8%と報告されている。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  EGFR阻害薬zipalertinib、グローバル第Ⅲ相試験へ