メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  精神疾患 »  メタバースでの認知行動療法、軽症うつに有効?

メタバースでの認知行動療法、軽症うつに有効?

2023年08月28日 16:15

148名の医師が参考になったと回答 

 うつ病患者の約8割は非重度であり、またうつ病の診断基準すら満たさない"閾値下うつ"の人数はうつ病患者の約10倍とも報告される。こうした「軽症うつ」治療の第一選択は薬物療法ではなく、認知行動療法(CBT)などの心理的支援が諸外国の主要ガイドラインでも推奨される一方、日本では現状、安価で質の高いCBTをどこでも気軽に受けられる環境にはない。東京歯科大学市川総合病院精神科准教授の宗未来氏は、インターネット上の仮想空間「メタバース」での大規模遠隔集団CBTによる抗うつ効果を検討するランダム化比較試験(RCT)を実施し、その結果を第20回日本うつ病学会(7月21~22日)で発表した(関連記事「メタバース、医療サービスとして現実的に」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  精神疾患 »  メタバースでの認知行動療法、軽症うつに有効?