メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  総合診療 »  ここまで使える!在宅でのポケットエコー

ここまで使える!在宅でのポケットエコー

2023年08月30日 10:46

211名の医師が参考になったと回答 

 ポケットサイズの小型超音波診断装置(ポケットエコー)は、近年高性能・高画質化が進んでおり、幅広い場面で用いられるようになっている。高齢化に伴いニーズが高まる在宅医療ではどのような使い方があるのか。訪問診療を専門とするつばさクリニック(岡山県)院長で南極観測隊医療隊員の経験も有する岡田豊氏は、第15回日本ポイントオブケア超音波学会(7月15~16日)で在宅医療におけるポケットエコーの有用性や使用経験について紹介した(関連記事「ポケットエコーを使いこなせ!」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  総合診療 »  ここまで使える!在宅でのポケットエコー