メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  1.5型糖尿病の治療薬レジメンが明らかに

1.5型糖尿病の治療薬レジメンが明らかに

RCTのネットワークメタ解析

2023年09月07日 13:37

238名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 緩徐進行1型糖尿病〔SPIDDM、海外では緩徐発症成人自己免疫性糖尿病(LADA)〕は、臨床的および遺伝的特性が1型糖尿病と2型糖尿病の間に位置することから1.5型糖尿病とも呼ばれている。患者により病像はさまざまで、治療薬の選択基準は一律ではない。中国・Suzhou TCM Hospital Affiliated to Nanjing University of Chinese MedicineのWanqing Wang氏らは、LADA治療に関するランダム化比較試験(RCT)のネットワークメタ解析を実施。LADAのさまざまな指標に対する治療薬の影響を比較することで薬剤効果を評価した結果を、Diabetes Ther2023年8月16日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  1.5型糖尿病の治療薬レジメンが明らかに