メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  日本人FHホモ接合体で長期にLDL-C低下

第55回日本動脈硬化学会

日本人FHホモ接合体で長期にLDL-C低下

ANGPTL3阻害薬evinacumabの非盲検延長研究

2023年09月12日 15:28

223名の医師が参考になったと回答 

 家族性高コレステロール血症ホモ接合体(HoFH)は重度のLDL-コレステロール(LDL-C)異常をもたらす遺伝性疾患で、早発性の心血管疾患を発症することもある。しかし、現状ではLDLアフェレシスを含む脂質低下治療を実施しても、ガイドラインが推奨するLDL-Cレベルに到達しない場合が多い。そこで大阪医科薬科大学病院循環器センターの斯波真理子氏らは、第55回日本動脈硬化学会(7月8~9日)でアンジオポエチン様蛋白3(ANGPTL)3阻害薬evinacumabの第Ⅲ臨床試験Evinacumab Lipid Studies in Patients with Homozygous Familial Hypercholesterolemia(ELIPSE HoFH)の非盲検延長研究(2022年4月時点)の中間結果について発表。長期にLDL-Cを低下させたことを明らかにした。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  日本人FHホモ接合体で長期にLDL-C低下