メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  腎・泌尿器 »  問題抗菌薬3分の1減でも耐性大腸菌は1.5倍増

問題抗菌薬3分の1減でも耐性大腸菌は1.5倍増

2015~21年の米国調査

2023年09月12日 17:28

239名の医師が参考になったと回答 

 米国では、シプロフロキサシンを含むフルオロキノロン系抗菌薬が尿路感染症の治療に広く用いられていたが、2015年以降は耐性菌の抑制を理由に処方を減らすことが強く推奨されている。米・University of Washington School of MedicineのVeronika Tchesnokova氏らは、抗菌薬を使用していない成人女性の便検体を用い、シプロフロキサシンの処方量の変化が耐性大腸菌に及ぼした影響を検討。その結果、2015年~2021年にシプロフロキサシンの処方は約3分の1に減少したが、便検体からシプロフロキサシン耐性大腸菌が検出される頻度は約1.5倍に増加したとCommun Med2023; 3: 110)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  腎・泌尿器 »  問題抗菌薬3分の1減でも耐性大腸菌は1.5倍増