メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  HPVワクチン、浸潤性子宮頸がんも予防

HPVワクチン、浸潤性子宮頸がんも予防

2023年09月19日 16:35

237名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 子宮頸がんやその前がん病変は、発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の持続感染により発症するとされる。ワクチンによるHPV16/18型の持続感染予防効果は90%超と極めて高いものの、浸潤性子宮頸がん(ICC)の予防効果を検証した報告はなかった。昭和大学産婦人科学講座講師の小貫麻美子氏らは、大規模がん登録データおよび長期疫学研究MINTスタディのデータを解析。その結果、2011年以降に20歳代女性でのみICC罹患率が低下しているなど、ICC予防に対するワクチンの効果を日本で初めて確認したとCanser Sci2023年9月8日オンライン版)に報告した(関連記事「9価HPVワクチン、効果と適正接種を考察」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  HPVワクチン、浸潤性子宮頸がんも予防