メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  ラニチジン、がんリスク上昇と関連せず

ラニチジン、がんリスク上昇と関連せず

2023年09月29日 16:12

248名の医師が参考になったと回答 

 ヒスタミン(H2)受容体拮抗薬(H2RA)のラニチジンは、2019年に原薬から発がん物質のN-ニトロソジメチルアミン(NDMA)が基準値を超えて検出されたことを受け、国内では2021年までに市場から回収・販売中止となった。しかし、同薬が全世界で広く使用されていた実態に鑑み、疫学的リスクの特定が重要な課題である。韓国・Yonsei University College of MedicineのSeng C. You氏らは、欧米およびアジアの118万例超の医療データを用いてラニチジンと他のH2RA使用に伴うがんリスクを比較検討するネットワークコホート研究を実施。他のH2RA使用と比べラニチジン使用は、がんのリスク上昇と関連していなかったが、長期的な影響についてはさらなる研究が必要とJAMA Netw Open2023; 6: e2333495)に報告した。(関連記事「発がん物質検出でラニチジン自主回収」「発がん物質検出でニザチジンも自主回収」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  ラニチジン、がんリスク上昇と関連せず