メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  血管新生阻害薬fruquintinib、転移性大腸がんで承認申請

血管新生阻害薬fruquintinib、転移性大腸がんで承認申請

武田薬品工業

2023年10月02日 13:57

61名の医師が参考になったと回答 

 武田薬品工業は9月29日、前治療歴を有する転移性大腸がん(mCRC)治療薬として、血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)1/2/3阻害薬fruquintinibを厚生労働省に承認申請したと発表した。

 今回の申請は、日本、米国、欧州、オーストラリアで実施された国際共同第Ⅲ相臨床試験FRESCO-2および中国で実施された海外第Ⅲ臨床試験FRESCOの結果に基づくもの。両試験では、前治療歴を有するmCRC患者を対象にfruquintinib+ベストサポーティブケア(BSC)群とプラセボ+BSC群を比較検討。いずれの試験においても全生存(OS)および無増悪生存(PFS)においてfruquintinib+BSC群で有意な延長が認められた。fruquintinibの忍容性は良好だった。

 fruquintinibは、海外では米食品医薬品局(FDA)が今年(2023年)5月に優先審査に指定しており、同年6月には欧州医薬品庁(EMA)への製造販売承認申請が受理されている。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  血管新生阻害薬fruquintinib、転移性大腸がんで承認申請