メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  新型コロナ・小児の重症化を学会が懸念

新型コロナ・小児の重症化を学会が懸念

日本小児科学会が見解を発表

2023年10月04日 18:38

234名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について、厚生労働省は今年(2023年)秋以降、公費負担は継続しながらもワクチンの接種勧奨は重症化リスクが高い人に限定すると決定した。これを受けて日本小児科学会は10月3日に見解を発表。同学会は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の小児感染者においてまれながら急性脳症や心筋炎の発症例が報告されていることなどを懸念し、生後6カ月以上の全ての小児に対し、引き続きSARS-CoV-2ワクチン接種を推奨するとした。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  新型コロナ・小児の重症化を学会が懸念