メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  臨床医学 »  データベース研究、論文作成のこつを伝授

データベース研究、論文作成のこつを伝授

データ解析前に行う”下ごしらえ”が重要

2023年10月11日 17:01

179名の医師が参考になったと回答 

 データベース研究の強みは既に存在する膨大なデータを利用できることで、新たにデータを収集しなければならない前向き研究とは要する時間も労力も大きく異なる。ただしサンプルサイズが膨大であるため、リサーチクエスチョンに応じた解析サンプルの定義と抽出が重要になってくる。自治医科大学産科婦人科学講座准教授の左勝則氏は、第59回日本周産期・新生児医学会(7月9〜11日)でデータベース研究やその結果に基づく論文作成のポイントを説明。リサーチクエスチョンを明確化するために必要となる要素の検討など、データ解析前に行うべき"下ごしらえ"の重要性に触れ、具体的な方法を示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  臨床医学 »  データベース研究、論文作成のこつを伝授