メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  小児 »  思春期の心理的困難さが脳の発達と関連

思春期の心理的困難さが脳の発達と関連

2023年10月16日 16:50

168名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 東京大学大学院脳神経医学先行精神医学分野の臼井香氏(現・国立精神・神経医療研究センターリサーチフェロー)、同分野教授の笠井清登氏、同大学バリアフリー支援室准教授の切原賢治氏らは、思春期集団を対象としたコホート研究を実施。13歳から16歳にかけて、オドボール課題を用いて測定し、逸脱刺激を聞いた100~200ミリ秒後に出現する前頭部における陰性電位の変化であるミスマッチ陰性電位が低下するほど心理的困難さが増加することなどをCereb Cortex(10月10日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]12月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

薬物事件を起こした日大アメフト部の処分は?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  小児 »  思春期の心理的困難さが脳の発達と関連