メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  ファリシマブ、網膜静脈閉塞症の治療間隔を最大4カ月延長

ファリシマブ、網膜静脈閉塞症の治療間隔を最大4カ月延長

中外製薬

2023年10月19日 14:06

53名の医師が参考になったと回答 

 中外製薬は10月18日、スイス・ロシュが10月10日に血管内皮細胞増殖因子(VEGF)/アンジオポエチン(Ang)-2阻害薬ファリシマブ(商品名バビースモ)について、網膜静脈閉塞症(RVO)に対する国際第Ⅲ相臨床試験2件のトップライン結果を明らかにしたと発表した(関連記事:「ファリシマブ、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫で適応拡大申請 」)。

 今回結果が発表されたのは、網膜静脈分枝閉塞症患者553例を対象としたBALATON試験と、網膜中心静脈閉塞症または半側網膜静脈閉塞症患者729例を対象としたCOMIO試験である。検証の結果、ファリシマブ群において24週時点で達成された視力の向上を維持しながら治療間隔を最大4カ月まで延長したことが示されたという。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  ファリシマブ、網膜静脈閉塞症の治療間隔を最大4カ月延長