メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  repotrectinibがROS1融合遺伝子陽性の非小細胞肺がんで承認申請

repotrectinibがROS1融合遺伝子陽性の非小細胞肺がんで承認申請

ブリストル・マイヤーズ スクイブ

2023年10月26日 11:28

38名の医師が参考になったと回答 

 ブリストル・マイヤーズ スクイブは10月25日、ROS1阻害薬repotrectinibについて、ROS1融合遺伝子陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)を適応症として承認申請したと発表した。

 NSCLCの約1~2%がROS1融合遺伝子陽性であり、既存の治療法があるものの薬剤耐性の発現や脳転移といったアンメット・メディカルニーズに対応する新たな治療選択肢が求められていた。

 今回の申請は、NSCLCを含むROS1、NTRK1~3またはALKの遺伝子再構成を有する進行性固形がん患者を対象にrepotrectinibの安全性、忍容性、薬物動態、抗腫瘍活性を評価した国際共同第Ⅰ/Ⅱ相試験TRIDENT-1の結果に基づく。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  repotrectinibがROS1融合遺伝子陽性の非小細胞肺がんで承認申請