メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  ヘルスデーニュース »  小容量の採血管への切り替えでICU患者の輸血回数が減少

小容量の採血管への切り替えでICU患者の輸血回数が減少

2023年10月27日 05:00

218名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 集中治療室(ICU)に入室中の患者では、状態把握のために毎日、複数回の血液検査が行われる。この際、多くの病院で採血に用いられている標準的なサイズの採血管を小容量のものに変更することで患者に対する輸血の必要性が減り、赤血球製剤の大幅な節約につながり得ることが、大規模臨床試験で示された。オタワ病院(カナダ)のDeborah Siegal氏らによるこの研究の詳細は、「Journal of the American Medical Association(JAMA)」に10月12日掲載された。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]12月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

薬物事件を起こした日大アメフト部の処分は?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  ヘルスデーニュース »  小容量の採血管への切り替えでICU患者の輸血回数が減少