メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  『非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)診療ガイド』、8年ぶりに改定

『非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)診療ガイド』、8年ぶりに改定

2023年11月09日 10:34

60名の医師が参考になったと回答 

 日本小児科学会は11月8日、『非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)診療ガイド』が改定されたことを学会員に向け報告した。編集は厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)「血液凝固異常症等に関する研究班」aHUS診療ガイド改定委員会が担当し、今年(2023年)6月に発行された。

 同ガイドは約8年ぶりとなる全面改定版で、最新のエビデンスが盛り込まれているという。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  『非典型溶血性尿毒症症候群(aHUS)診療ガイド』、8年ぶりに改定