メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  HFpEFの早期診断に有用な新指標を考案

HFpEFの早期診断に有用な新指標を考案

血管抵抗を加味した左室拡張能指標

2023年11月17日 12:01

212名の医師が参考になったと回答 

 近年、心不全の診療においては未発症の段階から介入して発症予防を図ることが重要視されており、左室駆出率が維持された心不全(HFpEF)の正確な診断が求められている。HFpEFの診断には、これまでさまざまな指標が提唱されているが、信頼性は十分とはいえない。そこで八尾市立病院(大阪府)特命総長(循環器内科)の星田四朗氏は、血管抵抗性を加味した左室拡張能指標を考案。その有用性を第71回日本心臓病学会(9月8~10日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

選挙ポスターの掲示、どうすべき?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  HFpEFの早期診断に有用な新指標を考案