メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  オシメ+化学療法でNSCLCのPFS改善

オシメ+化学療法でNSCLCのPFS改善

第Ⅲ相FLAURA2試験

2023年11月21日 15:16

148名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ※画像はイメージです

 フランス・Institut Gustave RoussyのDavid Planchard氏らは、EGFR変異陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)に対する一次治療としてのオシメルチニブ単剤療法と同薬+化学療法併用療法を比較した第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験(RCT)FLAURA2の結果をN Engl J Med(2023年11月8日オンライン版)に発表。「オシメルチニブ+化学療法は単剤療法群と比べ、無増悪生存(PFS)を有意に延長した」と述べている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]12月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

薬物事件を起こした日大アメフト部の処分は?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  オシメ+化学療法でNSCLCのPFS改善