メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  妊娠中ビタミンD摂取が児のアレルギーを抑制

妊娠中ビタミンD摂取が児のアレルギーを抑制

2023年11月22日 05:00

233名の医師が参考になったと回答 

 近年、世界的にアレルギー疾患が増加傾向にあり、さまざまな要因が関連していると考えられている。富山大学小児科学講座の清水宗之氏〔現・糸魚川総合病院(新潟県)小児科医長〕らは「子どもの健康と環境に関する全国出生コホート研究(エコチル調査)」に参加する母児7万3,209組を対象に、妊娠中のビタミンD摂取量と児の3歳時におけるアレルギー疾患との関連について調査した結果をInt Arch Allergy Immunol2023; 184: 1106-111)に報告。妊娠中のビタミンD摂取量が多いと、一部のアレルギー疾患の発症が抑制される可能性があることが分かった。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  妊娠中ビタミンD摂取が児のアレルギーを抑制