メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  時事メディカル »  コロナワクチン、定期接種化へ 65歳以上対象、一部自己負担も―来年度以降方針・厚労省〔時事メディカル〕

コロナワクチン、定期接種化へ 65歳以上対象、一部自己負担も―来年度以降方針・厚労省〔時事メディカル〕

2023年11月22日 13:26

131名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省の専門部会は22日、来年度以降の新型コロナウイルスワクチンの接種について、65歳以上の高齢者らは「定期接種」と位置付けることを了承した。接種費用は一部自己負担を原則とし、秋から冬に年1回の接種とする。

 新型コロナワクチンは、まん延予防のため緊急に行う予防接種法上の臨時接種に位置付けられ、来年3月までは公費負担となっている。

 部会では来年度以降の接種について、65歳以上の高齢者と重い基礎疾患を持つ60~64歳を「定期接種」の対象とし、季節性インフルエンザなどと同様の「B類疾病」に位置付けることを了承。費用は地方交付税で3割を補助する一方、一部自己負担が生じる可能性がある。

(2023年11月22日 時事メディカル)

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  時事メディカル »  コロナワクチン、定期接種化へ 65歳以上対象、一部自己負担も―来年度以降方針・厚労省〔時事メディカル〕