メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  2学会合同の『日本版敗血症診療GL』案を公表

2学会合同の『日本版敗血症診療GL』案を公表

パブリックコメント募集

2023年11月22日 16:57

182名の医師が参考になったと回答 

 日本集中治療医学会と日本救急医学会は本日(11月22日)、改訂作業中の『日本版敗血症診療ガイドライン2024』(以下、J-SSCG 2024案)を両学会の公式サイトに掲示。現行の『日本版敗血症診療ガイドライン2020』における22項目・126のクリニカルクエスチョン(CQ)を、9項目・83のCQに集約する一方で、エビデンスが不十分な項目のCQについては、新たにFeature Research Question(FRQ、今後の研究課題)を導入した。両学会は、J-SSCG 2024案に対し本日から12月7日までパブリックコメントを公式サイトで募っている。(関連記事「日本版敗血症診療GL2024はどう変わる?」)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  感染症 »  2学会合同の『日本版敗血症診療GL』案を公表