メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  腎・泌尿器 »  腟内射精障害に薬物治療や行動療法が有効

腟内射精障害に薬物治療や行動療法が有効

2023年11月24日 15:46

273名の医師が参考になったと回答 

 性交時に腟内で射精できない状態を腟内射精障害という。現時点で確立された治療法はなく、治療選択肢が限られることが課題となっている。富山大学病院泌尿器科メンズヘルス外来講師の渡部明彦氏は、腟内射精障害を主訴に同院を受診した男性患者を対象に治療法の有効性などを検討。その結果、ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害薬の投与、マスターベーションの指導や射精リハビリテーションなどの行動療法が有効だったと第33回日本性機能学会(9月15~17日)で報告した(関連記事「増加する射精障害、"床オナ"禁止を!」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  腎・泌尿器 »  腟内射精障害に薬物治療や行動療法が有効