メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  3剤併用療法で変わる前立腺がん治療

3剤併用療法で変わる前立腺がん治療

2023年11月27日 05:10

213名の医師が参考になったと回答 

 これまで転移性去勢感受性前立腺がん(mCSPC)の治療は、アンドロゲン除去療法(ADT)が中心だったが、去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)に対して使用されてきたドセタキセルまたは新規ホルモン治療薬(ARAT)をADTに上乗せする2剤併用療法に加え、ADT+ドセタキセル+ARATの3剤併用療法の有効性が相次いで報告され、新たな局面を迎えている。横浜市立大学市民総合医療センター泌尿器腎移植科部長/教授の上村博司氏は、mCSPCへの3剤併用療法が前立腺がん診療に及ぼす影響について第61回日本癌治療学会(10月19~21日)で解説した(関連記事「mCSPCの標準治療は2剤?3剤?」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  3剤併用療法で変わる前立腺がん治療