メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  名前と役割付き手術帽でチームワーク向上

名前と役割付き手術帽でチームワーク向上

2023年11月27日 11:55

208名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 手術室でさまざまな職種のスタッフの名前や役割を全て覚えるのは困難で、それがコミュケーションの妨げになる場合がある。米・Stanford University School of MedicineのBecky J. Wong氏らは、手術室で働く医療従事者に名前と役割がラベル付けされた手術用キャップを配布し、その前後でチームワークが向上するかどうか検討した。その結果、ラベル付き手術用キャップの導入後、チームメイトの名前を呼ぶ頻度や役割の認識度が上昇し、チームワークの改善につながったとJAMA Netw Open2023; 6: e2341182) に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  消化器 »  名前と役割付き手術帽でチームワーク向上