メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  小児・AYA世代のがん、男女別の内訳が判明

小児・AYA世代のがん、男女別の内訳が判明

2023年11月28日 05:10

191名の医師が参考になったと回答 

 国立がん研究センターと国立成育医療研究センターは、全国のがん専門施設や地域のがん診療施設で実施されている院内がん登録情報を用い、2018、2019年に診断された0~15歳の小児と15~40歳未満の思春期・若年成人(AYA世代)を集計・分析した結果を公式サイトで発表。自施設初回治療例のうち、小児では男児が54.8%を占め、白血病が最多だった。AYA世代は女性が74.8%で、がん腫(男性:結腸・直腸がん、女性:乳がん)が最多だった(関連記事「小児がんの治療集約化に課題」)。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  がん »  小児・AYA世代のがん、男女別の内訳が判明