メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  運動器 »  短期・多要素の運動で高齢患者の筋力増

短期・多要素の運動で高齢患者の筋力増

2023年11月28日 13:56

157名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 筋肉に繰り返し負荷をかけるレジスタンス運動は、高齢者において最大筋力および瞬発力(筋パワー)の向上と関連することが示されている。しかし、高齢者の運動による最大筋力、筋パワーの変化率と負荷との関連性についてのエビデンスは十分でない。そこでブラジル・Universidade Federal do Rio Grande do SulのEduardo L. Cadore氏らは、入院後48時間以内に登録した急性期の高齢患者を対象としてたランダム化比較試験(RCT)の二次解析を行い、短期・多要素の運動が最大筋力と筋パワーに及ぼす効果を検討。3日間にわたる多要素の運動が高齢の急性期入院患者の筋力を増強させるとの結果をJ Cachexia Sarcopenia Muscle(2023年11月21日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  運動器 »  短期・多要素の運動で高齢患者の筋力増