メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  タファミジスが心アミの左室機能低下を抑制

タファミジスが心アミの左室機能低下を抑制

2023年11月28日 14:19

147名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 タファミジスは、トランスサイレチン型心アミロイドーシス(ATTR-CM)患者の生存率を改善することがプラセボとの比較で示されている。ただし、心機能への影響は完全には解明されていない。米・Northwestern University Feinberg School of MedicineのSanjiv J. Shah氏らは、第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)Tafamidis in Transthyretin Cardiomyopathy Clinical Trial (ATTR-ACT)の心エコーデータを事後解析し、ATTR-CM患者におけるタファミジスの左室機能への影響を検討。プラセボと比べ、タファミジスが左室機能の低下を抑制したことをJAMA Cardiol2023年11月15日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  循環器 »  タファミジスが心アミの左室機能低下を抑制