メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  GLP-1、GIP/GLP-1作動薬の適応外使用に見解

GLP-1、GIP/GLP-1作動薬の適応外使用に見解

日本糖尿病学会

2023年11月28日 14:15

33名の医師が参考になったと回答 

 日本糖尿病学会は11月28日、「GLP-1受容体作動薬およびGIP/GLP-1受容体作動薬の適応外使用に関する日本糖尿病学会の見解」を発表。GLP-1受容体作動薬、GIP/GLP-1受容体作動薬で美容・痩身・ダイエットなどの適応外使用が広く行われている現状に鑑み、不適切な広告表示の自粛と適正処方を呼びかけた。

 現在、両薬では需要増の影響により限定出荷が生じており、厚生労働省は2型糖尿患者への供給が滞らないよう「GLP-1受容体作動薬の在庫逼迫に伴う協力依頼」を発出。肥満症治療薬セマグルチド(商品名ウゴービ)の使用に当たっては、厚生労働省が最適使用推進ガイドラインを作成し、日本肥満学会が「肥満症治療薬の安全・適正使用に関するステートメント」を公開している(関連記事:「GLP-1作動薬の使用に関しステートメント」)。

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  GLP-1、GIP/GLP-1作動薬の適応外使用に見解