メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  時事メディカル »  次世代mRNAワクチン承認へ 新型コロナ、米創薬ベンチャー開発―厚労省〔時事メディカル〕

次世代mRNAワクチン承認へ 新型コロナ、米創薬ベンチャー開発―厚労省〔時事メディカル〕

2023年11月28日 15:13

114名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省の専門部会は27日、米創薬ベンチャーが開発した新型コロナウイルスワクチン「ARCT―154」の薬事承認を了承した。レプリコンワクチン(次世代mRNAワクチン)と呼ばれるタイプで、米ファイザーや米モデルナ社製の既存ワクチンに比べ、少量の接種で高い効果があるとされる。

 今回了承された分は、新型コロナの流行当初に広がった中国・武漢由来の従来株に対応しており、同省は近く正式に承認する。

 米創薬ベンチャー、アークトゥルス・セラピューティクス社が開発し、明治ホールディングス(HD)の製薬子会社Meiji Seikaファルマ(東京)が製造販売の承認を申請していた。

jiij厚労省2023-11-28.png

(2023年11月27日 時事メディカル)

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  時事メディカル »  次世代mRNAワクチン承認へ 新型コロナ、米創薬ベンチャー開発―厚労省〔時事メディカル〕