メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  女性疾患・周産期 »  臍帯遅延結紮で早産児の死亡率低下

臍帯遅延結紮で早産児の死亡率低下

ランダム化比較試験48件のメタ解析

2023年11月29日 05:05

173名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 オーストラリア・University of SydneyのAnna L. Seidler氏らは、在胎37週未満の早産児に対する臍帯結紮(クランプ)の方法を検討したランダム化比較試験(RCT)48件・6,367例の個人データ(individual participant data)に基づくメタ解析を実施。その結果、臍帯結紮を出生後10秒以内に行う臍帯早期結紮と比べて、出生後30秒以上経過してから行う臍帯遅延結紮では退院前死亡率が低下するという確実性の高いエビデンスが示されたとLancet2023年11月14日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  女性疾患・周産期 »  臍帯遅延結紮で早産児の死亡率低下