メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病黄斑浮腫、ブロルシズマブで転帰良好

糖尿病黄斑浮腫、ブロルシズマブで転帰良好

視力改善は従来薬に非劣性で安全

2023年11月29日 16:05

188名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 既存の抗血管内皮増殖因子(VEGF)療法は、糖尿病黄斑浮腫(DME)に対する有効な治療法ではあるものの、奏効率の改善や注射頻度の低減などを実現するためにさらなる治療選択肢が求められている。米・Cleveland Clinic Martin HospitalsのRishi P. Singh氏らは、DMEに対するブロルシズマブとアフリベルセプトの有効性と安全性を直接比較する二重盲検第Ⅲ相ランダム化比較試験(RCT)を実施。52週間の治療後、視力転帰に関してブロルシズマブはアフリベルセプトに対して非劣性であり、中心窩網膜厚(CST)の減少量が有意に大きかったことをJAMA Ophthalmol2023年11月16日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  糖尿病黄斑浮腫、ブロルシズマブで転帰良好