メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  世界初、次世代mRNAコロナワクチンが国内製造販売承認を取得

世界初、次世代mRNAコロナワクチンが国内製造販売承認を取得

Meiji Seika ファルマ

2023年11月29日 13:06

36名の医師が参考になったと回答 

 Meiji Seika ファルマは11月28日、米・Arcturus Therapeutics社が開発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する次世代mRNAワクチン(レプリコンワクチン)コスタイベ筋注用について、COVID-19の予防を適応とした成人の初回免疫および追加免疫における国内製造販売承認を取得したと発表した。今回の承認はレプリコンワクチンとして世界初となる。

 コスタイベ筋注用は、既存ワクチンよりも少ない摂取量で高い中和抗体化が持続するのが特徴。国内での追加免疫第Ⅲ相試験では、起源株およびオミクロンBA.4-5株に対する中和抗体価が既存ワクチンより高いことが認められ(P<0.05)、それぞれの中和抗体価が6カ月間持続することが確認された。安全性プロファイルも良好で、重篤な有害事象は認められなかったという。

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  短報 »  世界初、次世代mRNAコロナワクチンが国内製造販売承認を取得