メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  アプリで糖尿病予備軍の血糖変動が改善

アプリで糖尿病予備軍の血糖変動が改善

isCGM併用による生活習慣介入の非盲検ランダム化試験

2023年11月29日 17:25

224名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ※画像はイメージです

 新潟大学血液・内分泌・代謝内科学分野の北澤勝氏らは、2型糖尿病リスクの高い糖尿病予備軍を対象に、スマートフォンアプリと間歇スキャン式持続グルコースモニタ―(isCGM)を併用した生活習慣介入に関する非盲検ランダム化比較試験(RCT)を実施。「非介入の対照群と比べ、介入群では血糖値が70~140mg/dLの範囲にある時間(time in range;TIR)が有意に改善し、炭水化物摂取量や体重の減少も認められた」とJ Clin Endocrinol Metab(2023年11月1日オンライン版)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  糖尿病・内分泌 »  アプリで糖尿病予備軍の血糖変動が改善