メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  JAK阻害薬が皮膚血管炎の有望な選択肢に

JAK阻害薬が皮膚血管炎の有望な選択肢に

患者の皮膚でJAKが活性化

2023年12月01日 14:21

170名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 名古屋大学大学院皮膚科学講座の江畑葵氏らは、IgA血管炎(IgAV)または皮膚白血球破砕性血管炎(CLV)の患者の皮膚において、ヤヌスキナーゼ(JAK)が活性化していることを発見。アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬、乾癬性関節炎などに使用されているJAK阻害薬が皮膚血管炎の新たな治療選択肢になりうることをJ Am Acad Dermatol2023年11月2日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  皮膚 »  JAK阻害薬が皮膚血管炎の有望な選択肢に