メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  アルツハイマー新薬、臨床的進行を抑制せず

アルツハイマー新薬、臨床的進行を抑制せず

gantenerumabを用いた2件の第Ⅲ相試験

2023年12月04日 13:30

169名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 アミロイドβ(Aβ)を標的とするモノクローナル抗体は、早期アルツハイマー病(AD)において認知および身体の機能低下を抑制する可能性がある。gantenerumabは、Aβ凝集体との親和性が極めて高い完全ヒト抗Aβ IgG1モノクローナル抗体の皮下投与薬で、AD治療薬として検討されてきた。しかし、約2,000例を対象とした第Ⅲ相二重盲検プラセボ対照試験2件(GRADUATE ⅠおよびⅡ)の結果、gantenerumabは臨床的認知症の進行を抑制しなかった。詳細は、米・Washington University School of MedicineのRandall J. Bateman氏らがN Engl J Med2023; 389: 1862-1876)に報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

30年ぶりの肥満症治療薬、ウゴービが遂に発売

トップ »  医療ニュース »  2023年 »  脳・神経 »  アルツハイマー新薬、臨床的進行を抑制せず